前へ
「耳なし芳一」体験記
次へ


Kuwanissimoが一番最近出演したオペラがこの「耳なし芳一」です。 私には「オペラとは欧州、とくにイタリアのもの」という先入観があり、それまで日本語上演の外国オペラ・日本の創作オペラなどはあまり眼中にありませんでした。 今回ニュー・オペラ・プロダクション(NOP)からこの「耳なし芳一」の話をいただいたときも、「日本のオペラかぁ・・・」と少々二の足を踏んでいたのです。 しかしながらミーハーのKuwanissimoとしては、作曲者の池辺晋一郎氏ご本人が指揮を振られると聞き及び、「ナマ池辺を見てみたい」というヒジョーに不純な動機で参加を決めたのでした。 またナレーションが仲代達矢氏とも聞き及び、「ナマ仲代」が拝めるかもしれないということもあります。 そして前回NOP主催の「カヴァレリア・ルスティカーナ&パリアッチ」に出演したときに、とても楽しかったのも理由の一つでした。


演してみての感想は、「素晴らしい!」の一言です。 原作が怪談だけに、メロディが怪しくて覚えにくいことこの上なかったのですが、曲として完成されたものを聴いてみると、そのメロディが非常に効果的であることがわかります。 芳一の奏でる琵琶の音色と、西洋の楽器であるオーケストラの音色が不思議なほど良く合っていました。 そこにキャストと合唱の怪しくも美しい歌声が巧妙にかけ合わさり、全体として非常に優れた音楽的効果を上げていたと思われます。 音楽的に優れていると言うよりは、芝居の音響効果として優れていると言った方が正しいかもしれません。 しかしさすがは池辺晋一郎氏、タダのダジャレ好きなおっさんではなかった!


居と演奏がとても優れていたのも成功の一因だと思います。 キャストの方々は皆演奏・演技ともに非常に優れていました。 どのオペラ上演でもたいてい一人や二人、キャストの中にあまり好きでない声の人がいるものなのですが、今回はそれがありませんでした。 そのなかでもKuwanissimoのイチオシは、芳一役の中鉢聡さんです。 透き通ったのびのある高音はとても聴き応えがありましたし、目の不自由な演技も自然にこなしていました。 覚えにくいメロディを覚えるのと、半田淳子さんの琵琶に合わせて演奏する演技にはかなり苦労していたみたいです。 Kuwanissimoの出番は少なかったため本番はほとんど舞台裏にいたのでどうなったか気になっていたのですが、その後送られてきたビデオを見る限りでは、琵琶の演奏に若干のズレはあるものの、本当に素晴らしい演奏と演技でした。


してなんといっても特筆すべきは半田淳子さんの琵琶でしょう。 私は琵琶というものがあれほど表現力の多彩な楽器で、あれほど繊細で魅力的な音を奏でることができるものだとは全く知りませんでした。 比較対象が無いのでわかりませんが、演奏自体も非常に優れていたんだと思います。 舞台の最後に半田氏が芳一の扮装で舞台上で演奏されていたと知ったのは舞台が終わった後でした。 今それを初めてビデオで確認して、なかなか心憎い演出だなぁと感心しました。 


出といえば、今回の舞台は演出の杉 理一先生の手腕抜きには語れません。 そもそもこの舞台を企画したのがNOP代表でもある杉先生ですし、これだけ優れたキャストを選出、起用したのも杉先生なのでしょう。 評判になった、墓場から御殿へと一瞬で切り替わる舞台演出は、実際に舞台に上がっていた我々にはどんなものだったのかわからなかったのでビデオを見るのが楽しみでした。 残念ながらビデオを見る限りでは露出不足のせいか墓石が余りよく見えず、ただ暗かった舞台が明るくなっただけという感じで期待していたほどではありませんでした。 しかしきっと観客席から見たらもっと素晴らしいものだったのだろうと思います。 私は杉先生のことを余りよく存じ上げているわけではないし、ちょっとした演技のアドバイス以外は直接ご指導を受ける立場でもありません。 しかしながら、自然に「先生」と呼んでしまう、不思議な雰囲気を持った方です。


揮者としての池辺晋一郎氏は、とある専門家に言わせると「やはり指揮者としては素人」なのだそうですが、個人的には非常にわかりやすくて良かったと思います。 忙しそうな方なので、もしかしたらご本人の指揮が見られるのはゲネプロと本番くらいかと思っていたのですが、どうしてどうして、立ち稽古のほとんどを振られていました。 お陰様で当初の目的の「ナマ池辺」はたっぷり拝ませていただきました。 ちなみにナレーションは本番も含めて終始録音だったようで、「ナマ仲代」は実現しませんでした。


外なほど面白いと感じたのは振り付けです。 イタリアオペラなどを我々素人が演ずる場合は、演出家が演技指導もすべてやるケースが結構あります。 しかし今回は勝手が違って、純和風のしかも雅やかなお公家さんです。 女声たちも十二単を纏う奥女中です。 いかに日本人であっても普段の立ち振る舞いの延長で十分にそれらしい演技ができるわけはありません。 したがって専門の振付師、藤間籐三郎氏の存在は大きかったと思います。 Kuwanissimoなどは出てきて座って泣く真似をするだけですからそう難しいこともなかったのですが、キャストや女声合唱は大変です。  平家の奥女中の亡霊達がオバケのおどろおどろしい雰囲気を醸し出しつつ芳一の周りを蝶のように舞う演技は、藤間氏の指導が加わっただけで表現力がガラリと変わりました。 振り付けの大切さを痛感した場面です。


唱は私でも出られたようにプロではないのですが、それでも杉オペラ演技研究所の研究生達(主にソプラノ)は皆音楽を専門に勉強している方々だけあって破綻のない安定した声と演技でした。 そして助っ人として参加していた他のパートの人たちも、主に音大の学生などやはり専門に音楽の勉強をしている人たちだったので、一般の素人合唱団に比べて遙かに安心感がありました。 そんななかで唯一の不安材料はKuwanissimoを含めた我々シロウト達だったかもしれません。(^_^;) まあそれでも数々の舞台をこなした百戦錬磨のシロウトばかりだったので、さほど足を引っ張ることはなかったと思っているのですがいかがなもんでしょうか?


までお名前の挙がらなかったスタッフの方々も本当に優れた仕事をされたのだと思います。 残念ながら私の立場ではその全容を知ることはできません。 しかしそれらすべてを含めて、オペラというものはやはり「総合舞台芸術」なのだと改めて感じました。 それではキャストや主なスタッフの方々のお名前をご紹介して「耳なし芳一」体験記はおしまいです。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


作品データ
ニュー・オペラ・プロダクション第10回公演
オペラ「耳なし芳一」全2幕
作曲 池辺晋一郎
原作 小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)"怪談"より
平井呈一
脚本 矢代静一
キャスト
芳一 中鉢 聡(テノール)
和尚 池田直樹(バリトン)
寺男与作 志村文彦(バリトン)
その妻おふく 森永朝子(メゾソプラノ)
平家の亡霊 武士 山田祥雄(バスバリトン)
平家の亡霊 奥女中老女 坂本 朱(メゾソプラノ)
平家の亡霊 奥女中若女 平井香織(ソプラノ)
寺の小坊主 能戸麻友
谷山小夏
小山 悠
安徳帝 山本喬士
ナレーション 仲代達矢
合唱 杉オペラ演技研究所研究生
カメラータ・リリカ
琵琶演奏 半田淳子
管弦楽 日本フィルハーモニー交響楽団メンバー
チェンバロ 石井美紀
Kuwanissimoの役所 平家の亡霊(公家(合唱))
スタッフ
指揮 池辺晋一郎
演出 杉 理一
振付 藤間藤三郎
美術 堀尾幸男
照明 沢田祐二
衣装 福田 明(東京衣裳)
音響 中原 純
効果音 大和定次
メイク きとう せいこ
舞台監督 斉藤美穂
合唱指揮 樋本英一
副指揮 川本 哲  柴田真郁
演出助手 藤井 正

前へ(カヴァレリア・ルスティカーナ&道化師体験記) / 次へ(未定)




最終更新日:2001年6月20日(水)