Kuwanissimoの横顔
KuwanissimoのDTMスタジオ
Kuwanissimoの作品展
Kuwanissimoの自作工房
Kuwanissimoのおぺら体験記
Kuwanissimoのでじかめ写真館
Artぎゃらりぃ
Kuwanissimoの掲示板
KuwanissimoのLink集

ハミダシこーなー
Mail to Kuwanissimo
Kuwanissimoの自作工房

Kuwanissimoの自宅のコンピュータシステムを紹介します。ようは愛機自慢ですね。自慢できるスペックではなくなりつつありますが・・・。今のところ現状の紹介だけですが、そのうち自作機の製作過程なども載せたいと思っています。 マニアックなページになることをご了承下さい。

メインマシンは自作のDOS/V機です。だいぶ前(2001年末)中身をアップグレードして以来、すこぶる好調です。しかしShade R5がMac版のため、最近またG4 Macを使う機会が増えてきました。ではその詳細を紹介してゆきましょう。


本邦初公開! Kuwanissimoのシステムです


これがその裏。 正にSpaghetti状態

パーツ表です。 全部判る人はかなりマニアックな方とお見受けします。(^_^;)
機種 パーツ名&スペック等 メーカー
DOS/V自作機1号
本体内蔵パーツ
マザーボード GA-7VTXE (ATX, SocetA) GIGABYTE
CPU AMD Duron 1GHz AMD
Memory 512MB (DDR-SDRAM CL-3 256MB *2) ノーブランド
HDD 40GB (ATA66 7200rpm) IBM
CD-R/RW えっと、どうだったっけ? 不明
DVD-ROM ×1DVD,×10CD SCSI PIONEER
FDD 2 Mode ?
ビデオカード Millennium G400 32MB DH Matrox
SCSIカード SC-UPCIN IO-DATA
PCカードスロット PCI-CardBus Bridge Board REX-CBS51 RATOC Systems
LANカード CardBus用10BaseT/100BaseTX Corega
外付けパーツ
HDD 13GB U-SCSI(無理やり内蔵) IO-DATA
MO 230MB SCSI(無理やり内蔵) Logitec
OS WinXP Proffesional & Win2000 Proffesional & Win98SE(マルチブート) Microsoft
DOS/V自作機2号
本体内蔵パーツ
マザーボード P5-A (ATX, Socet7) ASUS
CPU AMD K6-III 450MHz AMD
Memory 320MB (PC-133 CL-3 256MB SDRAM*1, PC-100 CL-2 64MB SDRAM*1) ノーブランド
HDD 9GB (4.5GB UW-SCSI 7200rpm *2) IBM
CD-ROM ×32 スロットインCD SCSI2 PIONEER
FDD 2 Mode ?
ビデオカード AGP-V7100 ASUS
SCSIカード SC-UPCI IO-DATA
サウンドカード SoundBlaster Live! Value Creative
LANカード PCMCIA用10BaseT/100BaseTX Corega
OS RedHat Linux 7.2 RedHat
Macintosh PowerMac G4 350MHz AGP Apple
本体内蔵パーツ (付属品は一部省略)
Memory 合計約1GB ノーブランド
HDD 23GB (10GB + 13GB) IDE IBM(追加分)
MO 230MB SCSI-2(無理やり内蔵) BUFFALO
SCSIカード REX-PCI30HX RATOC Systems
ビデオカード(追加) 忘れた ATI
外付けパーツ
FDD&smart-media reader FRP smart USB TAXAN
OS MacOS 9.04 Apple
自作機&G4共有パーツ
CRTモニタ A201H (21inch) 飯山電気
液晶モニタ RDT141X (14inch) 三菱電機
スキャナー CanoScan FB656U (USB) Canon
プリンター BJ S300 Canon
MIDI音源 SOUND Canvas SC-88(無印) Roland
ノートPC1 Let's note CF-A44EJ8 Panasonic
内蔵パーツ
Memory 128MB
HDD 4GB
CD-ROM ×24
外付けパーツ
LANカード PCC-TX Corega
OS WindowsMe Micorosoft
ノートPC2 Digital HiNote Ultra-II DEC
内蔵パーツ
Memory 40MB
HDD 1GB
外付けパーツ
増設PCカードスロット付FDD DEC(Option)
LANカード1 10BaseT TDK
LANカード2 10BaseT BUFFALO
SCSIカード SCSI-2 IO-DATA
HDD 13GB SCSI IO-DATA
OS Windows95 Microsoft


改めてこうしてみると、我ながらよく集めたもんだと思います。カネが貯まらないわけだよなぁ・・・。自作機作成のコンセプトはFull SCSI環境です。とにかく拡張性を重視したのでIRQ節約のためにIDEをBIOSでカットする必要があり、こうなりました。・・・と、これはアップグレード前のハナシ。(^^ゞ このコンセプトは2号に引き継がれております。1号は安さに負けて一部IDEを使用しております。2号機にLinuxを入れたものの、入れただけ。さっぱり分かりません。(-_-;) この他に私が最初に買って、今は物好きな友人に譲り渡したEPSON PC486-MVがありました。今は亡きPC-9800シリーズの互換機です。またMacの最初はPIONEER MPC-LX100で、Macではなくこれも互換機です。これは中古パソコンショップに3万円で売りました。それとG4を購入したときに姉貴に売った拡張G3Mac(元はMacintosh 7300/166)と、姉貴から両親にメール専用機として下げ渡されたMacintosh 7200/90があります。みんなLANで繋いで、Digital HiNoteをプロキシサーバとしてCATVを介してインターネットに常時接続しています。 現役でなくなったパソコンも全てリサイクルしているので、ムダなコンピュータは・・・一つあるんだよなぁ、Linux・・・。





最終更新日:2003年1月11日(土)